サブカルサイクリング

サブカルチャーネタを喋りたい大学生のブログ。 広く浅く、かなぁ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「続 初音ミク」の回

初音ミクが宇宙に飛び立った!!!!!!(笑)


http://www.nicovideo.jp/watch/sm1805485





前回紹介したストラトスフィアの続編にあたる作品。



ピアノの音が入ってきてからが綺麗でアツイ!!


前作「ストラトスフィア」より劣る、って評価してる人もいるみたいだけど、俺はそうは思わないよ。

ストラトスフィアはずっと爽快感に浸っていられる作品だった。
それに比べ、今回のアド・アストラは宇宙の奥深くに進んでいく旅の「物語性」があると思う。


期待以上のフューチャー感。

もう大好きだっ!





ただ、アンノウンが現れたっていう展開には正直笑った・・。
スポンサーサイト

テーマ:オタク的日記 - ジャンル:日記

サブカル | コメント:0 | トラックバック:1 |

「初音ミク」の回

最初に結論を言っちゃうと、

初音ミクの『ストラトスフィア』って曲が鳥肌モノ!!


これは極上の電子ドラッグだ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1613775



作者さんのホームページはこちら
        ↓
http://tkomine.com/jpmiku.html







「初音ミク」。有名すぎなヴォーカロイド。



正直、俺は元々あんまり好きじゃなかったんだよね・・。

「本ソフトは従来Vocaloidシリーズより自然な発音を伴った歌声が合成できるのが特長」とか言ってるけど、人間の歌い手と違って「歌に込める想い」ってものがないから。機械だから当たり前だけど。

正直、「伝わってくるモノがないなー。」とか思ってた。
遊び道具にはなるだろうけれど、人を感動させられないだろう、とか思ってた。






しかし、そんな考えを吹き飛ばしてくれたのが、冒頭に紹介した『ストラトスフィア』。


凄まじいトリップ感。

いや、トリップと言うよりは「実際に空を飛んでいる時の気持ちよさ」って言ってしまえる。

音楽の奇跡だなぁ。




初音ミクはヴァーチャルアイドルという魂を持ってない存在だから人を感動させられない、とは本気で思ってた。

しかし、ニコニコ動画で誰かがこんなことをコメントしてた。


初音ミクには、作者の魂が込められているんだ




か、かっこいい!




そうだよね。作り手達は必死で良い歌声にさせようと研磨してるんだもんね。

凄いことだよ。





初音ミクは、全国で才能を眠らせているクリエイター達の魂を呼び起こす存在なんじゃないだろうか。

この先、とんでもないスピードでとんでもない量の神曲が生まれると思うと、本当にワクワクする。






俺としては、電子音に混ぜ合わせたような歌を希望。

ラヴソングよりは、フューチャーな歌の方が似合うでしょう!

Perfumeよりも似合うんじゃないかなぁ。

テーマ:オタク的日記 - ジャンル:日記

サブカル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。